オフィス用おすすめノートPC「ThinkPad E460」を注文しました

新事業に向けた事務所の立ち上げのために、ThinkPad E460を買いました。

ビジネス用ノートパソコンといったら、旧IBM(現Lenovo)のブランド「ThinkPad」一択です。

この記事では、「仕事用のノートパソコンならThinkPad一択である理由」や「ThinkPadシリーズのそれぞれの違い」、「ThinkPad E460を選んだ理由」、「事務仕事に最適なノートパソコンの選び方」などをご紹介しています。

ビジネスノートパソコンの鉄板ブランド「ThinkPad」とは?

ThinkPadシリーズとは、日本で開発されている、使いやすさや堅牢性(丈夫さ)、パフォーマンスに優れた、高品質かつ高性能なノートパソコンのブランドです。

元々はIBMから発売されていましたが、レノボに買収されました。
しかし、レノボ買収後も、神奈川県の横浜市みなとみらい「レノボ・ジャパン横浜事業所大和研究所」にて、国内での開発が行われています。

ThinkPadのシリーズの違いを比較

ThinkPadには高性能かつ携帯性に優れたXシリーズや、より大きな解像度のTシリーズなど様々なシリーズが用意されています。

今回わたしが注文したのは、ThinkPad EシリーズのThinkPad E460

ThinkPad Eシリーズは、ThinkPadシリーズの中でも、使いやすさや買いやすさに定評のあるシリーズです。

他のThinkPadシリーズよりも低価格で買うことができるのですが、もちろんThinkPadブランドのビジネスノートPCですから、その性能は安心。

簡単にいえば、ThinkPad Eシリーズは「ThinkPadのハイクオリティなノートパソコンを、買いやすい価格で使えるシリーズ」ですね。

ですので、事務所やオフィスで使う、事務仕事用のノートパソコンに最適です。

ThinkPad Eシリーズの4種の違いを比較

ThinkPad Eシリーズは現在

4種類が発売されています。

 ThinkPad E460ThinkPad E465ThinkPad E560ThinkPad E565
画面サイズ14インチ14インチ15.6インチ15.6インチ
CPUIntel Core(第6世代)AMD(第6世代APU)Intel Core(第6世代)AMD(第6世代APU)
DVDドライブなしなしありあり

ThinkPad E460とE465は14インチのノートパソコン。
ThinkPad E560とE565は15.6インチのノートパソコンです。

液晶サイズの違いが大きなポイントです。

ThinkPad E460/465の違いとThinkPad 560/565の違いを比較

14型のThinkPad E460とE465の大きな違いはCPUです。

ThinkPad E460はIntelの最新CPU(第6世代)
ThinkPad E465はAMD CPU(APU)となります。

15.6型のThinkPad E560とE565の大きな違いも同じくCPUです。

ThinkPad E560はIntelの最新CPU(第6世代)
ThinkPad E565はAMD CPU(APU)となります。

(この辺りの機種の違いの比較も、別記事でまとめますね)

CPUの違いについては詳しく書くときりがないので別の記事にまとめますが、私はIntelのCPUが選べるE460を注文しました。

ThinkPad E460とE560どちらを選ぶか?

IntelのCPUが選べるThinkPad E460とE560、どちらを選ぶか考えました。

大きな差は液晶画面のサイズとDVDドライブの有無です。
(ThinkPad E560にはDVDドライブがついています)

15.6型ほどのサイズも必要なく、DVDドライブも使うシーンが想像出来なかったので、今回はThinkPad E460を選びました。

オフィス作業用に最適なThinkPad E460のカスタマイズ

メーカー直販サイトから注文すると、自分の好きなように簡単に注文時にカスタマイズすることができます。

そこで、わたしが注文したオフィス仕事に最適なThinkPad E460のカスタマイズ内容をご紹介します。

オフィス、事務所用の仕事用ノートパソコンをお探しの方は、以下のカスタマイズをぜひご参考に。

選んだ初期構成パッケージは「ThinkPad E460 エントリーパッケージ」

プロセッサー(CPU)

初期導入OS

Windows 7 Professional SP1 64bit
(仕事に使うソフトがWindows 10に対応していないため、Windows 7にダウングレード。個人的にはまだWindows10を使う気になれません)

ディスプレイ(液晶画面)

14.0型HD液晶 (1366×768)
(フルHD(14.0型FHD液晶 (1920×1080 IPS))も選べますが、FHDだと逆に字が小さくなってしまうのでHD液晶を選択)

メモリー

8GB PC3L-12800 DDR3L (1スロット使用)
(Lightroom・Photoshopを利用予定のため、8GBメモリーを選択)

グラフィックス

インテル HD グラフィックス 520
(動画編集やネットゲームはしないので、こちらを選択。動画編集をする方は「AMD Radeon R7 M360 (2GB)」を選ぶといいかも)

ディスプレイ・パネル

14.0型HD液晶 (1366×768 光沢なし) ブラック
(アルミニウム製も選択出来ますが、外に携帯して持ち運ぶこともないため、こちらを選択)

指紋センサー

指紋センサーあり
(指紋認証でWindowsにログインできて楽なので、こちらを選択)

ハードディスクドライブ

192GB ソリッドステートドライブ SATA
(HDDよりSSDのほうが体感速度が早いのでSDD一択。「ソリッドステートドライブ」と書かれるとわかりづらいですが、SDDのことです)

ワイヤレス

インテル Dual Band Wireless-AC 8260(2×2) + Bluetooth 4.1 vPro非対応
(「IEEE 802.11ac/a/b/g/n ワイヤレスLAN (WiFi準拠)2×2 + Bluetooth 4.1」との違いをメーカーへ問い合わせたところ、性能面に違いはなくブランドの違いという認識でOK、とのことでしたので、Intelを選択)

・・・その他の項目は初期選択のままですね。

ThinkPad E460の割引クーポンの配布場所

ThinkPad E460を割引クーポンを適用させて安く買う方法があります。

ずばり、メーカー直販サイトからの注文です。

メーカー直販サイトには、ThinkPadシリーズの割引クーポンコードが配布されています。

もちろん、ThinkPad E460などのEシリーズの割引クーポンも配布されています。

この割引クーポンを注文時に入力すると、結構な金額が割り引かれます。

私も今回、メーカー直販サイトから割引クーポンを使ってThinkPad E460を注文しました。

ThinkPad E460ThinkPadシリーズを買おうか考えている方は、1度メーカー直販サイトへアクセスしてどれほど割引クーポンで安く買えるか確認されることをオススメします。

ThinkPad E460の最新情報をブログよりも早く手に入れる方法
ThinkPad E460の最新情報が手に入り次第、ブログよりも先にメルマガにて優先的に配信しています! いち早くE460情報を手に入れたい方はぜひ、無料メルマガにもご登録ください。
ThinkPadメルマガ
  • メールアドレス(必須)

フォローする